【体験談】ユニット型特養でパート勤務している女性の『つらい』『辞めたい』と思った出来事

本記事では、ユニット型特養でパートとして働いている方の体験談をご紹介しています。

もし、ユニット型特養に興味があるのであれば、必見です。

また、介護士のパートで勤務しようと考えている方にも参考になるので、ご覧になってみてください。

ユニット型特養でパートとして働いている方のプロフィール

プロフィール
  1. 奈良県在住(40代女性)
  2. ユニット型特養にパートとして約4年勤務
  3. 時給950円(処遇改善手当込み)
  4. 保有資格:社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員

私は奈良県のユニット型のパートとして働いています。

以前、勤めていた特別養護老人ホーム(特養)では、夜勤もある常勤介護職を3年半働いてました。

そののちに、同法人の在宅介護支援センター相談員とデイサービスセンターでの相談員兼介護職員として、それぞれ1年ずつ勤務していました。

その後、退職をし、現在、勤務している奈良県にあるユニット型の特別養護老人ホームでは、介護職パートとして4年4か月勤務しています。

勤務先の特別養護老人ホーム(特養)のベッド数は50床(1ユニット10床、5ユニット)とショート10床合わせて60床あります。

デイサービスセンターや在宅介護支援センターなどの併設はありません。

施設の従業員は『介護職常勤は10名、非常勤フルタイムが12名、短時間勤務(4~6時間程度)が5~6名』います。

生活相談員2名(二人とも介護支援専門員資格所持)、看護師は常勤と非常勤合わせて6名、栄養士1名在籍しています。

私の保有資格は、社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員の3つです。

介護支援専門員は12年前に取得し更新研修も受けていますが、人手不足のため現在は主に介護職として仕事をしており、ケアプラン作成には携わっていません。

ユニット型特養(パート勤務)時給について

私の時給は950円で、うち50円が処遇改善手当となっています。

保有資格によって時給は異なるそうです。

ボーナスは年3回あり、夏と冬に10,000円、3月に5,000円もらっています。

常勤、非常勤とも基本給は勤続年数や保有資格で異なり、常勤は昇給があります。

以前はパートにも資格手当を付けてもらっていましたが、3年前に給与体系が見直され、就業時間数に応じて手当が付くことになり、私が就業当時にいただいていた手当はカットされ、時給が下がりました。

処遇改善手当は、パート職員は時給に組み込まれています。

常勤職員の夜勤手当は1回5千円で、夜勤は1回8時間勤務です。

ボーナスは夏と冬の年2回(基本給で計算されるのは常勤の身で、パート職員は一律1万円の支給です)

さらに3月にわずかですが、年度末の賞与があります。

交通費は公共交通機関のみでなく車通勤でももらえます。

日割り計算でガソリン代をもらっています。

私の場合は10日出勤して3000円程なので(通勤時間は車で約30分)、十分な額が支給されています。

サービス残業も…

勤務時間前に出勤してケース記録を読み申し送りしています。

早めに出勤すれば申し送り事項を確認次第勤務に入ることも多く、人相手の仕事なので、時間きっちりに退勤するのは難しく、私は常に勤務時間前後10~15分はサービス残業している状態です。

常勤の方は、書類作成や雑務をするのが勤務時間内に難しいため、残業が常態化しています。

人手不足のための常勤の残業代はきちんと払われています。

現在のユニット型特養で働いて『つらい』『大変』と感じたこと

人手不足が常態化しているので、入居されている方へのケアがきめ細かくできないことが、介護職として最もつらいです。

居室の掃除や衣類の整理、ゆっくりと談笑できる時間を確保することが、人手不足によって難しい時が多く、職員同士の連携にも響いています。

そのせいで認知症の方への対応が雑になり、不穏になってしまうなど、悪循環に陥ることもあり、力不足を痛感するとともに申し訳ないなと思ってしまいます。

大柄の方が多く、車いすやベッドへの移乗が大変だなとも感じます。

私は大柄ではないので、男性の介助で腰がつらい時があります。

現在のユニット型特養を『辞めたい』と感じたこと

4年間働いていて、一度だけやめようと思ったことがあります。

ある看護師との考え方が全く合わず、介護職を侮辱している(下に見ている)態度が目に余り、介護する者として、あり得ない態度が入居者さんへも見られたことです。

上司にその事情を伝え、看護師に話をしてもらったことでかなり反省されたようでしたが、その後もその方と勤務するのがつらかったです。

上司が気を利かして勤務日を重ねないようにしてくださるなど、きめ細やかにシフトを組んでくださったので、私は現在も働いています。
関連記事

[kanrenori id=”8518,8386,8541,8325″]

介護職員初任者研修を無料で取得したい方へ

当記事を読んでいただいた方の中には『まだ資格を取得していない』という方もいるかとおもいます。

そのような方へ朗報です。

介護職員初任者研修や実務者研修は実は無料で取得できます。

詳しくはこちらを参考にしてみてください。

介護職員初任者研修・実務者研修を無料で取得する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です